Lawrence Jiko Barrow

Lawrence Jiko Barrow

Lawrence Jiko Barrow – is a ceramic artist living in Kyoto. He is an ordained zen monk, having trained at Bukkoku-ji zen temple in Obama, Fukui-ken under Tangen Harada Roshi for more than a decade. He was given the name Jiko 慈光、which translates as Compassionate Light.  Now living in the Higashiyama hills of Kyoto (near Sanjusangendo temple) where he has a pottery named Jiko-gama 慈光窯。

Lawrence was born in 1970 to English and Japanese parents in Thailand, grew up in Tokyo and Hong Kong and educated in the U.K. and the U.S. He is a graduate of the Traditional Arts College, Kyoto and is currently apprenticed to Shigaraki potter, Sawa Kiyotsugu.

He makes ceramic works that are functional: teaware and tableware and also non-functional ‘objet’ sculpture, he fires in both electric and wood-fired kilns. He studies kintsugi (golden joinery) and chado at the Urasenke International Chado Institute. Having grown up both in the east and the west he has a love for the traditional arts of Japan. He is also a haiku poet.

朗蓮寿 芭呂優

朗蓮寿 芭呂優

略歴 :ローレンス 慈光 バロー

京都市在住の陶芸家。

僧侶として10年以上修行した後、寺を出て陶芸の世界に入る。現在は京都市東山区、三十三間堂に近い山のふもとで慈光窯という窯と工房を構えて暮す。窯の名前は自身の佛名である。

1970年(昭和45年)タイ生まれ。父は貿易会社勤務のイギリス人、母は日本人。父親の仕事の関係で、東京、香港など世界各地に移り住んだ。8歳のときロンドンに渡り、その後18歳までイギリスで教育を受ける。英国ハロー校を卒業後アメリカに渡り、映画製作、絵画などを学ぶ。香港では画家として最初の個展を開催。
その後、以前から興味のあった禅の世界を体験するため福井県小浜市の曹洞宗佛国寺へ。原田湛玄老師のもとで修行、得度する。

京都を訪れた際、伝統工芸の美しさに魅せられた。さらに日本各地の窯場を旅し、陶芸家になることを決意。基礎から学ぶために京都伝統工芸大学校に入学、卒業する。現在は信楽の陶芸家、澤清嗣氏に師事しながら自身の工房でも製作を続ける。

作品は茶椀、皿、花瓶、食器などの実用品の他にオブジェ、彫刻などのアート作品も手がける。また金継ぎの技術も持つ。
つねに日本の伝統芸術に深い関心を持ち、茶道や書道も学ぶ。また俳人でもある。